ボタンボタン
コンセプト1コンセプト2コンセプト3コンセプト4コンセプト5施工例
ボタンボタンボタン


寿住建が提案するこれからの住宅は「家計にやさしい家」がキーワードです。
人が生活していくのにはお金がかかります。
中でも、電気・ガス・水道といった光熱費は、快適に生活しようと思ったらその分だけ費用がかかってきます。
だからといって使わないというわけにはいきません。だったら少しでも節約したい。
今は様々な建築資材が「エコ・省エネ」に力を入れており、これらを取り入れ組み合わせることによって 今後かかっていく光熱費を抑え、やがては得をすることになります。
これが寿住建が提案する、家計にやさしい家です。


熱素材の組み合わせで冷暖房効果UP

現代の住宅の発展は省エネ・エコという流れで進んでいます。
省エネを実現するのに効果的なものの一つが断熱です。
断熱は素材が熱を通しにくくすることで中と外との熱の逃げを少なくしエネルギーを節約するためのものです。
住宅の各素材で断熱効果を高める 工夫がされており、これらを組み合わせることでより効果的に省エネを実現することができます。
発泡ウレタン吹付断熱
断熱材に発泡ウレタン吹付断熱を使用することによって冷暖房の効果に差が出てくるだけでなく、 冷暖房のランニングコストにも影響があります。


資料提供:BASF INOAC ポリウレタン株式会社様

樹脂サッシ + 高断熱複層ガラス
熱を通しにくい樹脂製のサッシと高断熱複層ガラスを組み合わせることにより、 一般的なアルミサッシより約3倍の断熱があります。


表面温度の比較

消費エネルギー比較

資料提供:株式会社LIXIL様

熱浴槽で光熱費を抑える

お風呂も断熱浴槽にすれば、追い炊き回数も少なくて済み、光熱費をグンと節約できます。
資料提供:パナソニック株式会社様

陽光発電で節電・売電

今注目されている太陽光発電システムをつければ、大幅に電気代を節約することができます。
太陽という無限のエネルギーをタダで使うことができるので、家計にもやさしく地球にもやさしいのです。
また構造的にシンプルなため、基本的にはメンテナンスフリーでパネルについた汚れは風雨によって 洗い流されるので、一度設置してしまえば燃料もメンテナンスも殆ど不要のまま長期にわたり 電気を供給し続けてくれます。
更にIHクッキングヒータや、エコキュートを導入することにより、ガスを使わないオール電化住宅にすると ガスの基本使用料も節約できさらにお得です。

また、発電しすぎた電気は電力会社に売ることができます。
節電と売電でローコスト生活を送りましょう。

資料提供:三菱電機株式会社様

コキュートでお湯を沸かしてガス代を節約

エコキュートとは、屋外の空気の熱を圧縮して高温にしお湯を沸かす装置です。
自然エネルギーの大気の熱を利用するので電気代を節約することができ、しかも お得な夜間電力を利用してお湯を沸かすので、給湯コストは都市ガスの給湯器に比べ1/5~1/8ほどに抑えられます。
また、エコキュートはヒートポンプの原理を使っているので、投入電力以上の熱エネルギーを生み出すことができ、 少ないエネルギーでたっぷりのお湯を利用することができます。


資料提供:株式会社 コロナ様

ール電化で基本料金を節約

オール電化住宅にすると光熱費がひとまとめになるのでお得です。

1年間の光熱費比較(モデルケース)

資料提供:中部電力株式会社様

基本料金比較例(税込)
火を使わないからガスの基本料金を節約できます。
資料提供:中部電力株式会社様

1年間の給湯費比較
エコキュートを使えば光熱費をグンと節約できます。
資料提供:中部電力株式会社様

明はLEDに

LED照明は従来の照明器具に比べると、長寿命・低消費電力など節電に効果的な製品です。
ひとつひとつの価格は高いですが、その後のランニングコストや電球交換の手間を省けるので 結果的にはお買得といえるでしょう。

長寿命・高信頼性
LED電球の寿命は約4万時間と言われています。
これは一日5.5時間使っても約20年間使用できる計算になります。
またLEDはスイッチのON/OFFにも強く、こまめに点けたり消したりしても大丈夫です。

低消費電力・低発熱性
従来の白熱電球60W型の1年間の電気代は約2376円ほどです。
同じ程度の明るさのLED照明に変えた場合、1年間の電気代は約405円ですみますので 電気代は約1/5程度になります。

ボタンボタンボタンボタンボタン